記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2011年10月号 206ページ〜209ページ(ページ数:4)

タイトル

薬剤に頼らない 最新土壌病害克服法 身近な有機物を使う

堆肥で残渣を腐熟処理 キュウリの連作障害を抑える

執筆者・取材対象: 黒木尚

地 域: 宮崎県



サンプル画像


見出し

●いよいよ本当に臭化メチルが使えなくなる●残渣を腐熟させれば防除できる●堆肥投入の時期を早めればよい●腐熟処理の手順とポイント◎感染株は必ず抜き取る◎なるべく生の状態で抜き取る◎月一回の耕起で腐熟を早める◎カラカラや湛水状態だと一カ月たっても腐熟しない◎土壌消毒や太陽熱処理は併用しない●残渣処理は多くの土壌病害を防げる