記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年10月号 160ページ〜161ページ(ページ数:2)

タイトル

安くて地元にたくさんある身近な有機物徹底活用術

生ゴミ 徹底活用術

生ゴミ+カブトムシ堆肥で分解促進

執筆者・取材対象: 太田正美

地 域: 京都府京都市



サンプル画像


見出し

●カブトムシの幼虫が作る落ち葉堆肥●カブトムシ堆肥で発酵促進●発酵肥料もできそうだ