記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年10月号 148ページ〜149ページ(ページ数:2)

タイトル

安くて地元にたくさんある身近な有機物徹底活用術

落ち葉・せん定枝、樹皮 徹底活用術

せん定枝と鶏糞を混ぜて果樹向きの堆肥に

執筆者・取材対象: 古屋栄



サンプル画像


見出し

●毎年その量3万t近く●鶏糞、米ヌカ 有機物と相性よし