記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年10月号 134ページ〜137ページ(ページ数:4)

タイトル

ミミズが耕す、菌が耕す…有機物マルチで土が変わる!

トマトの通路には廃菌床マルチ

灰カビ、追肥が減って、根毛が増えた

執筆者・取材対象: 北川清生

地 域: 三重県多気町



サンプル画像


見出し

●土着菌堆肥で微生物いっぱいのトマトハウス●廃菌床マルチ、湿度を吸収、灰カビまで減った●追肥も半分に●繊維質の多い刈り草でウネ表層に発酵堆肥