記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1998年4月号 82ページ〜88ページ(ページ数:7)

タイトル

春作業の痛み・疲れをその場でとる、翌日に持ち越さない

執筆者・取材対象: 編集部/倉持正実(撮影)吉野正子

地 域: 岩手県一関市



見出し

●「操体法」って何?●自分の体と友だちになる、それが操体法のポイント●「吉野体操」始めます●あ、やりそう!そんなときに、この操体◎苗箱並べの合間に体反らし◎田んぼの中でフラダンス●1日の疲れとりにこの体操●くたくたに疲れていたら湯たんぽの利用●腰が重いときは