記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年7月号 195ページ〜198ページ(ページ数:4)

タイトル

私の新梢診断 とれる樹への立て直し方

サクランボ 花芽のつく発育枝こそすばらしい

弱小花芽を減らすせん定を

執筆者・取材対象: 黒田実

地 域: 山形県上山市



サンプル画像


見出し

●充実したサクランボはどこに成る?●よく成るが手間がかかるB、黙っていても大玉が成るC、D●発育枝の花芽のほうが数が多くて大きい●弱小花芽を少なくするせん定を