記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1988年2月号 70ページ〜71ページ(ページ数:2)

特集:国産、地場産で健康食卓づくり品種

タイトル

納豆

うもれていた納豆用地場産大豆が大好評 宮城小粒大豆

執筆者・取材対象: 宮城県角田市農協



見出し

●生協との取引き、年間80万個に急増●角田市は昔からタンパクの多い良品大豆の産地●防除は1回に減らした●組合員の手づくり技術