記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年10月号 86ページ〜92ページ(ページ数:7)

タイトル

施肥と土つくりの最新理論/有機物と微生物、生かし方のここを変えよ

有機物を使いこなす新研究、堆肥は微生物のタネとエサ(3)

エサ(未分解有機物)と種菌(完熟堆肥)の併用で土壌病害が減る

執筆者・取材対象: 堀兼明



見出し

●土壌微生物を活用する3つの前提●未分解有機物で発病が半減●堆肥と未分解有機物の併用●実際にエサは種菌(堆肥)と併用されている◎堆きゅう肥に切ワラを組み合わせる妙味●エサと種菌の併用効果をどう考えるか●完熟堆肥は種菌、未分解有機物はエサ◎タネ菌はそれぞれの家にある●おわりに・まだ一般化は危険