記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年10月号 63ページ〜82ページ(ページ数:20)

タイトル

この資材と作業で微生物を生かす土つくり

この資材と作業で微生物を生かす土つくり

土壌病害が減る、肥料が減らせる 「損する土つくり」から抜け出す

執筆者・取材対象: 編集部・土屋芳夫水口文夫黒岩理人松口若梅健司丸林須賀一夫田島伊藤

地 域: 静岡県下田市愛知県豊橋市群馬県嬬恋村農水省農研センタ−農水省農研センタ−千葉県福岡県埼玉県千葉県市川市愛知県豊橋市



見出し

●土がよくなるはずの深耕で…◎深耕で土壌病害がふえた◎深耕で水もち、肥もちが悪くなる●注目される炭と粘土◎土壌病害が減り、肥もち肥効きがよくなる●炭と粘土には大きな共通項がある◎炭と粘土には共通の効果が多い◎炭、粘土の驚くべき表面積◎肥料、水、空気、有機物、微生物を吸着●なぜ炭や粘土で肥効きがよくなる?◎表面積の広さが養分を解放したり吸着したりする◎溶液が適濃度だから細根、根毛がよく発生◎共生微生物が養分吸収を助ける●なぜ炭や粘土で病気が減る?◎炭、粘土・根のまわりに施さなければ効果がない・炭や粘土が根と微生物の出会いをつくる◎根と微生物の共同作業が土を団粒化する●機械深耕より「菌耕」「根耕」の時代◎土を団粒化させる根と微生物共同のはたらき◎団粒が発達した土には多様な微生物◎有機物なしの深耕は土が単粒化し、病気が出やすくなる●ムリの多い「有機物多投」の土つくり●完熟、多投でなくともできる土つくり◎少量堆肥、未分解有機物を生かす2つの新研究●少ない堆肥を生かす根まわり施用●完熟堆肥はタネ菌、未分解有機物はエサ◎完熟+未分解有機物併用で土壌病害が減った●見落としてきた有機物のはたらき◎有機物のはたらき、エネルギーをムダにしていないか◎ワラ、モミガラの地温や湿度を調節するはたらき◎踏み込み温床から床上、堆肥まで、ワラの連続活用法◎未熟でも害にならない施し方がある●畑にある有機物を見落としている◎あなどれない残渣、残根、雑草の量◎つき合いしだいで毒にも薬にもなる残渣、残根◎雑草もまた土つくり●有機物の生かし方は多面的◎せん定枝を燻炭にして土の微生物が生き生き◎堆肥とは一味も二味もちがう青草液肥の効果