記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年5月号 142ページ〜147ページ(ページ数:6)

タイトル

業務用米7品種 疎植・流し込み追肥で低コスト多収をねらう

ツヤよし 粒張りよし

執筆者・取材対象: 編集部・鈴木一男鈴木哲行

地 域: 茨城県五霞町



サンプル画像


見出し

●70haで7品種、6500俵生産●農家が価格を壊しちゃいけない●ツヤと粒張りのよい米を◎密播・疎植でコスト減◎無代かきで半俵増収◎流し込み追肥で安定多収●災害時には供給義務も負う