記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2002年5月号 74ページ〜82ページ(ページ数:9)

特集:青森発「産地」は変わる

タイトル

危機のときこそ農協の出番 不況の中、リンゴを売りまくる

相馬村(リンゴ大産地)より

執筆者・取材対象: 編集部

地 域: 青森県相馬村



サンプル画像


見出し

●群を抜くリンゴの農家所得●「危機」のたびに信頼を得てきた―リンゴ販売の新しい着眼点◎農家の目で「市場評価」への挑戦◎「がき大将」「げんこつ」―キズものでも世におくり出してあげたい◎ブランドよりこれからは「むら」?●危機から生まれたリンゴジュース、50万本も売れるわけ◎大暴落、それなら自家消費だ◎「本物」だからクレームは信頼に変わる●田んぼの「危機」を救った1村1組織の稲作生産組合「ライスロマンクラブ」◎集落のイネ機械利用集団が危機に◎オペレータには高い賃金で現金払い