記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年1月号 161ページ〜167ページ(ページ数:7)

タイトル

低米価時代の俺流イネつくり

金はかけても取り戻す 野菜のように米をつくったら有機でうまい米一一俵!

執筆者・取材対象: 編集部・川澄文隆

地 域: 茨城県筑西市



サンプル画像


見出し

●有機でも多収はできる●経費はかかるが利益は十分、目指すは一tどり!?●野菜のように手をかければ多収と食味は両立できる●pHを高めてワラを処理する●粘土や堆肥でCECを高める●苦土を中心としたミネラル補給●ラグ期のない効率のいい生育になる●安定一一俵どりも見えてきた●イネの潜在能力は底知れない