記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年11月号 116ページ〜123ページ(ページ数:8)

タイトル

早めのワラ処理はうまい米づくりのスタートライン

ワラの分解は温度と酸素とpHが決め手

執筆者・取材対象: 編集部・茨城県協和町・野菜村

地 域: 茨城県協和町



サンプル画像


見出し

●一生懸命作った米なのに「おいしくない」!?●根がミネラルを吸えていなかった●ワラ処理で葉がササのように厚く、茎がタバコのように太いイネに●早めのワラ処理で「俺にまかせとけ!」と土がいう●微生物のためには暖かいうちの粗い耕耘、高めのpHがいい●カルスは万が一分解できないときの保険●プラソイラで「くさい層」まで酸素を送る●ワラ処理はうまい米作りのスタートライン