記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1990年12月号 232ページ〜235ページ(ページ数:4)

タイトル

90年、高温下のイナ作をふり返る

深水と出穂55〜50日前の追肥で変化の少ない肥効を

あきたこまちをおいしく多収

執筆者・取材対象: 渡辺重博

地 域: 秋田県雄勝町



見出し

●イネの生長に合った変化の少ない肥効で●本当のイネ姿を身誤らせているもの●分けつ期は一定の肥効で太茎を最適数確保する●あきたこまちの初期分けつの確保のしかた●深水のところほど稔りがよい●安全でおいしい米を多収する安定した肥効とミネラル