記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1999年9月号 316ページ〜323ページ(ページ数:8)

タイトル

廃プラ問題には、ちゃんと向き合うしかない

サツマイモ大産地のマルチフィルムは、どんなふうに回収されて、どこへ行くのか?

執筆者・取材対象: 西村良平JA串間市大束(株)黒田工業

地 域: 宮崎県串間市



見出し

●まずは農家の現場から◎えーっ?マルチも焼いちゃいけないの?◎考えてみると、野焼きもラクじゃなかったなー●回収現場はJAの集積所◎処理料金は前払いでいくか後払いでいくか◎トラック計量器を新設して、塩ビは回収時払いへ●そして再生工場へ◎塩ビもポリも、再生プラスチック原料へ◎異物が混じると、再生品に孔があく◎再生原料にするか、燃料にするか、油に戻すか…