記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1989年11月号 106ページ〜109ページ(ページ数:4)

タイトル

アトピッ子も親も大満足 日常健康料理術(1)

「おいしさ」には砂糖も油もいらない

材料の持ち味を引き出す4つの理論、4つの原則

執筆者・取材対象: 船越康弘



見出し

●除去食じゃないのにアトピッ子にピッタリ食◎長期の除去食はかわいそう●食べもので健康になる4つの柱◎その土地のその季節の野菜こそ最高−「身土不二」◎皮もひげ根もすべて使う−「一物全体」◎あくぬき、ゆでこぼしをしない−「あくこそ力」◎砂糖、化学物質は一切使わない−「素材の味で勝負」●深みのある味を生む料理法4原則◎野菜の陰陽の組合せ−「重ね煮」◎切り方で味を引き出す−「まわし切り」◎野菜の種類はできるだけ多く◎色どり美しく、赤緑黄白黒