記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年4月号 210ページ〜219ページ(ページ数:10)

タイトル

リンゴ高密植栽培の可能性

リンゴづくりはどう変わる?

執筆者・取材対象: 編集部・北城正一三村貞美山本英人湯本将平

地 域: 長野県高森町長野県飯田市長野県松本市長野県山ノ内町



サンプル画像


見出し

●作業負担が軽減、これならリンゴを続けていける◎列の裏側まで手が届く◎高くて細い樹が理想◎誘引はせん定の代わり●大玉から加工品まで、高密植でニーズに合わせたリンゴを◎誰でもできる技術を定着させたい◎日本人好みのふじをつくる◎加工がもう一つの勝負どころ●紅玉800本植えで加工専用畑に取り組む◎手間かけずにいっぱいとれる●最高級のリンゴにこだわる◎3年生の枝に成らせる◎芽傷で素質の良い枝を●高密植栽培とこれまでのわい化栽培との違い