記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年11月号 92ページ〜95ページ(ページ数:4)

特集:たいしたもんだ 皮の力

タイトル

皮の酵母を活かす

リンゴ酢で減農薬

皮ごとつぶして発酵

執筆者・取材対象: 編集部・小山田博

地 域: 岩手県盛岡市



サンプル画像


見出し

●農家はつくれるものは何でも自分でつくってきた●果実酢をリンゴにかけるのは農家にとってごく自然なこと●リンゴの病気には効かないが、シンクイムシ以外の虫には効く●病害虫にやられたリンゴを屋外の容器に仕込むだけ●早く使うと病害虫がふえる!?六カ月おいてから使うとよい●リンゴには濃く、野菜には薄く、濃すぎると生育を抑える!?