記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1993年12月号 254ページ〜259ページ(ページ数:6)

タイトル

追究! 石灰を効かせる

しまったリンゴ うまいリンゴはCa(カルシウム)がつくる!

ニュージーランドのリンゴはなぜうまいか?なんと、ひと作で6〜12回もカルシウムを葉面散布!

執筆者・取材対象: 横田清



見出し

●ニュージーランドのリンゴはなぜうまい?●果実の老化を防ぐ●人間の都合でカルシウムを吸収させるには●有機体カルシウムの葉面散布がよい●散布の実際−時期、回数、濃度、量◎一般には、500〜600倍で回数を多く