記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』果樹編 第3巻 広島・番清+1〜広島・番清+13(ページ数:13)

ナシ>精農家のナシ栽培技術

〈幸水など〉露地無袋栽培,ハウス栽培 徹底した土つくりで大玉安定生産,贈答需要に対応した大規模経営 広島県世羅郡 世羅幸新フルーツ,番清農園 番清智(58歳)

開始ページ: 広島・番清+1

執筆者: 大友忠三

執筆者所属: 朝日工業株式会社技術顧問

備 考: 執筆年 1995年

記事ID: k0301320



見出し

〈地域の状況と番清農園の課題〉 ・・・〔1〕
 1.番清さんの横顔
 2.経営の歩み ・・・〔2〕
〈経営の特徴〉 ・・・〔3〕
 1.生産の基盤は技術
   (1)基本技術の実践
   (2)全体の技術水準を高める
   (3)適材適所の業務分担
 2.労働力の季節性を解消するために ・・・〔5〕
   (1)新高の導入
   (2)ラ・フランスの導入
   (3)幸水のハウス栽培
 3.経営安定のために ・・・〔6〕
   (1)施設化による生産の安定と労働環境の改善
   (2)種類・品種の組合わせによる経営の危険分散
 4.流通革命 ・・・〔7〕
   (1)生産直売の開拓
   (2)贈答需要に対応 ・・・〔8〕
〈技術の特徴〉
 1.バーク堆肥による土つくり
 2.胴枯病対策 ・・・〔9〕
 3.高品質・大玉生産
 4.施肥
 5.栽培管理 ・・・〔11〕
   (1)摘蕾・摘花
   (2)人工授粉
   (3)摘果
   (4)新梢管理
   (5)病害虫防除
   (6)施肥 ・・・〔12〕
   (7)整枝・剪定
〈これからの課題〉

キャプション

経営の概要
   キーワード:粘質土
第1図 経営の発展経過
第2図 幸新フルーツおよび番清農園の植栽状況(平成7年)
第3図 権現山団地の全景(このハウスだけで5.5ha)
第4図 冬から春の作業計画例(平成7年)
第5図 ラ・フランスの植栽状況
第1表 経営内の品種構成と施設率
第6図 ハウス栽培の幸水の開花状況
第7図 工夫をこらした品種別の化粧箱
第8図 バーク堆肥の堆積状況
第9図 バーク堆肥の施用(権現山団地)
第2表 品種別の生産目標
第10図 収穫直前の幸水の肥大状況
第11図 幸水の階級別分布(1994年,調査果数33,602果)
第12図 幸水の糖度分布(1994年,調査果数33,602果)
第13図 豊水の階級別分布(1994年,調査果数2,922果)
第14図 豊水の糖度分布(1994年,調査果数2,922果)
第3表 施肥設計(kg/10a)
第15図 幸水の開花状況
第16図 2本主枝仕立ての幸水
第17図 親子で剪定方法を研究する
第4表 病害虫防除暦