記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1992年7月号 344ページ〜350ページ(ページ数:7)

タイトル

いま、コメの本が売れている

世界最強の米作国タイにも米作の限界が見えてきた

21世紀は食糧問題が顕在化する

執筆者・取材対象: 長谷川善彦



見出し

●世界最強の米作国タイ◎米の恒常的大量輸出国としては最大の米生産国◎戦前戦後を通じて米の大輸出国◎米の輸出国のうちでもっとも生産費の安い国●目に見えてきたタイの米作の限界◎タイの米作は雨期間の天水田米作が原則◎中央平原では乾期作米の拡大は期待できない◎東北タイの米作の限界●21世紀は食糧問題が顕在化する