記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年12月号 64ページ〜69ページ(ページ数:6)

特集:食べものを教える

タイトル

日常食「うどん」で教える

大分県宇佐市立八幡小学校5年生の授業

執筆者・取材対象: 林信子大分県宇佐市立八幡小学校5年生

地 域: 大分県宇佐市



見出し

●米と麦とを区別できない子どもたちに出会って●どうしても伝えたかった「食べもの」の3つの原点◎小麦粉本来の味を伝える◎自分でひいて食べるための労働の大変さと知恵を伝える◎自然を生かした知恵を学ぶ●まずは今のおやつ昔のおやつ比べ◎粉は粉でも昔と今はちがう●石うすで粉をひく何日も食べるために働く◎麦作地帯で麦入手に苦労◎「粉は少しも無駄にできないぞ」●いよいよ「うどん作り」おばさんの腕前に感嘆の声◎子どもはすっかり粉のとりこに●「来年は麦を少し残そう」麦の勉強が親を動かした◎子どもの感想を引き金にして