プロフィール

二つの顔もつ現代の名工、佐々木寛治郎〜美々津では紙漉き屋、全国では商い屋〜 [作品を見る] [前のページへ

出展:第15回作品集(平成28年度)

森の名手・名人:佐々木寛治郎(紙漉き職人)

職種:

名人の住む地域:宮崎県日向市

聞き書き:佐藤明日香

学校名:兵庫県立兵庫工業高等学校

ページ数:5

プロフィール:1935(昭和10)年日向市生まれ。美々津手漉き和紙製造所を営む家に生まれ、小さい頃から作業を手伝い、中学校卒業後、父の元で修業を始める。コウゾ、ミツマタ、ガンピ、ウツキなどの原料の調達から自ら行い、漉いた紙は天日で乾燥させるなど、伝統的な方法で手漉き和紙を製造する。東京や大阪のデパートまで出向き、封筒や便箋、染紙を入れた紙などの製品を開発して販売にも努める。1988年に宮崎県伝統工芸士に認定され、2009年には厚生労働省から「現代の名工」として表彰された。

備考:


検索対象  作品概要に含まれる語句のみ 本文全ての語句
検索結果の表示  作品概要を表示 作品タイトルのみを表示