オクラの病気

●葉の被害

黒褐色の小斑点が生じ,拡大してすす状のカビが生える 葉すす病
葉に薄い白粉をふりかけたカビが生ずる うどんこ病

●枝,茎の被害

地際部付近から水浸状に軟化し,細くくびれてしおれる 苗立枯病
地際部に褐色のへこんだ病斑を形成し,折れるように倒伏する 苗立枯病
葉に暗色水浸状の円形病斑を形成し,拡大して茎に進展する 疫病
葉柄の付け根付近が水浸状になり,拡大して黒褐色になる 菌核病

●根の被害

根の一部が黒変し,拡大して全体を覆い,皮層部が軟化する 疫病
生育が劣り,日中しおれる。主根の地際部が黒変し,主根〜細根の所々も黒変している 黒根病

●果実の被害

幼果の先端が褐変し,ミイラ状に腐敗 灰色かび病
水浸状に軟化腐敗し,白色菌叢で覆われる 菌核病
果実先端部から軟化腐敗し全体に及ぶ 疫病

オクラの害虫

●葉の加害

葉が食害される 小さな幼虫が群がって葉裏から表皮を残して食害し,被害部が白く透けて見える ハスモンヨトウ
葉が食害され,ひどい場合には葉脈だけになる ハスモンヨトウ
フタトガリコヤガ
葉を筒状に巻き,その中で食害している ワタノメイガ
葉の養分が吸収される 葉裏に小さな虫が群生し,下葉にスス病が発生し,黒く汚れる ワタアブラムシ

●茎,枝,葉柄の加害

茎,枝,葉柄に食入して加害する 茎,枝,葉柄の途中に虫糞がでて,食入部で折れたり,食入部より先がしおれる フキノメイガ

●朔果の加害

朔果が食害される 朔果表面が食われる ハスモンヨトウ
フタトガリコヤガ
朔果に穴をあけて内部を食害する オオタバコガ
フキノメイガ
開花後の花の中に潜り込み,花の中から幼果を食害する オオタバコガ
朔果を緑色のカメムシが吸汁している カメムシ類
カメムシ類
朔果を褐色がかったカメムシが吸汁している カメムシ類
幼果に小さな黒っぽい虫が群生している ワタアブラムシ

●根の加害

根が加害され生育がわるくなる 根にコブができ,ひどくなると根が腐る。葉が萎凋し,生育がわるくなる サツマイモネコブセンチュウ

●葉,果実,根部の加害

展開葉の葉脈に沿い微細な白斑。果実表面はすすを帯びたようになる ミナミキイロアザミウマ
地下部に寄生する株の生育がわるく葉が黄化する オカボノアカアブラムシ
苗の地際が切断され枯死する ネキリムシ類